国土交通省は24日、2018年に各地で起こった水害により、全国で1兆4050億円の被害があったとの確定値を発表した。建物や農作物、インフラなどの被害額を集計した。このうち西日本豪雨が9割近い1兆2150億円を占め、1961年の統計開始以来、単独の豪雨としては過去最大となった。

 18年は日本列島を縦断した台風24号(被害額580億円)、関西空港が浸水した台風21号(同410億円)なども発生。年間被害額は、台風や豪雨が相次いだ04年、長崎豪雨があった82年に次ぐ過去3番目だった。

 都道府県別では、岡山が4209億円で最も多く、広島は3388億円だった。