和歌山県田辺市議会は25日、「紀州のドン・ファン」と呼ばれた資産家で、2018年5月に死亡した同市の酒類販売会社の元社長野崎幸助さん=当時(77)=から遺産の寄付を受け取るために必要な関連費約1億1700万円を含む2020年度当初予算を可決した。19年度補正予算に続く計上で、うち約1億100万円が弁護士委託料に充てられる。

 市によると、野崎さんの遺産は約13億5200万円とみられる。市の担当者が18年9月、全財産を市に寄付するとの遺言書を和歌山家裁田辺支部で確認していた。弁護士が資産評価し、配偶者との分配を協議する。受け取り後の使途は未定。