宮城県の村井嘉浩知事は29日、県庁で記者会見し、新型コロナウイルス特措法45条に基づき、休業要請に応じないパチンコ店2店舗を公表した。営業するパチンコ店は大阪府が24日に全国で初めて公表し、兵庫県、神奈川県などが続いた。

 村井知事は併せて、5月6日までとしていた県立学校の休校期間を5月10日まで延長すると発表した。市町村立学校についても同様の対応をするよう依頼する。

 宮城県が公表した2店のうち、「パチンコ桃太郎」(松島町)は「今月営業権を取得したばかりで休めない」と回答。もう1店は仙台市にあり、30日にも休業すると説明しているという。