栃木県の福田富一知事は29日、県庁で記者会見を開き、新型コロナウイルス特措法45条に基づき、休業要請に応じなかったパチンコ店6店舗の名前を公表した。事前通知の受け取りを拒否した1店があることも明らかにした。

 県は27日に営業していた9店に事前通知。29日正午時点で6店が営業を継続していたため、公表に踏み切った。別の1店は27日に受け取りを拒否したため、28日に文書を郵送し休業を要請。応じない場合には、追加で店名を公表する。

 福田知事は「一日も早く全店に休業してほしい」とした上で「応じてもらえない場合には罰則の必要性も感じている」と意見を述べた。