タンポポのお茶が新型コロナウイルスの予防に効くと宣伝したとして、大阪府警生活環境課は30日、医薬品医療機器法違反(未承認医薬品の広告禁止など)の疑いで、大阪市生野区の「スヤマ薬局」の男性役員と、大阪府守口市のペットショップ「パピヨン」の男性社長を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、それぞれ3月、薬局やペットショップの店頭で、厚生労働相の承認がないのに「コロナ予防に効く」とタンポポのお茶をチラシで広告するなどした疑いが持たれている。法人としての薬局とペットショップも書類送検した。