5日午後11時40分ごろ、宇都宮市泉町、ホテル丸治の西側通路下から出火し、ベニヤ板などの廃材約0.25平方メートルを焼いた。現場は屋外で火の気がなく、宇都宮中央署は不審火の可能性があるとみて調べている。

 ホテルは新型コロナウイルスに感染した軽症者や無症状者の受け入れ施設。署によると、火事はホテルの従業員が気付き消火器で消した。けが人はいなかった。