6日午後1時40分ごろ、東海道新幹線の名古屋―三河安城間を走行中の名古屋発東京行きこだま726号が、ブレーキの異常を示す表示が出たため緊急停止した。名古屋―三河安城間の上下線で一時、運転を見合わせた。

 JR東海によると、乗務員による点検を済ませ、約1時間後に運転を再開したが、一部列車に遅れが生じている。