愛知県警碧南署は7日、同県高浜市の80代の無職女性が「キャッシュカードが古く、国から給付金の10万円がもらえなくなる」などと電話を受け、カードをだまし取られる被害に遭ったと明らかにした。新型コロナウイルスの緊急経済対策として全国民に10万円を配る「特別定額給付金」に絡む詐欺事件の可能性もあるとみて調べている。

 同署によると、6日午前10時ごろ、女性宅に市役所職員を名乗る男らから「キャッシュカードが古くて使えなくなる」「家にカードを取りに行く」などと相次いで電話があった。女性は、その後現れた金融機関の職員を名乗る男にカード1枚を渡した。