新型コロナ感染拡大で困窮する学生を対象に現金を支給する方向で、文部科学省が具体的な準備に入ったことが8日、関係者への取材で分かった。約50万人に1人10万円、支給総額500億円規模の案が浮上。予備費の活用も検討している。