中東海域での日本関係船舶の安全確保に向け、情報収集に当たる海上自衛隊の護衛艦「きりさめ」が10日、海自佐世保基地(長崎県)から現地へ出航した。2月下旬から活動している「たかなみ」の後継で、乗員の新型コロナウイルス感染を警戒し、出航後2週間は日本近海で訓練する。

 防衛省によると、2週間の訓練中に艦内で隊員らの検体を採取し、PCR検査を実施する。結果を踏まえ中東での任務に向かう。

 きりさめには隊員約200人が乗艦。6月前半にオマーン湾やアラビア海北部で任務を始める見通しで、付近を航行する船舶の船籍や針路などを確認する。