絶滅危惧種のフンボルトペンギンの剥製1体をインターネットオークションで売買したとして、警視庁戸塚署は11日、種の保存法違反の疑いで、いずれも古物商の埼玉県川口市の男性(57)と松山市の男性(41)を書類送検した。戸塚署によると、川口市の男性が松山市の男性に1万2千円で売ったという。

 フンボルトペンギンはワシントン条約で、商業目的の国際取引が原則禁止されている。2人とも容疑を認め、「珍しいし高く売れると思った」などと供述している。

 2人の書類送検容疑は昨年9月、ネットオークションに出品したフンボルトペンギンの剥製を売買するなどした疑い。