皇后さまは11日、皇居にある養蚕施設「紅葉山御養蚕所」を訪れ「御養蚕始の儀」に臨まれた。養蚕は歴代皇后が手掛けており、皇后さまは上皇后美智子さまから引き継いだ。昨年は代替わり直後だったため、今年が初めての作業になる。

 マスク姿の皇后さまは沿道に集まった人に会釈をしながら車で皇居へ。儀式は非公開だったが、宮内庁によると、ふ化したばかりの蚕の幼虫に細かく刻んだ桑の葉を与えるなどした。

 今年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、皇后さまと作業に当たる人を5人から1人に減らしたため、飼育する品種も日本純産種の蚕「小石丸」だけに絞った。