厚生労働省は2日、新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化で解雇されたり、雇い止めされたりする見込みの人数は、業種別ではホテルや旅館など宿泊業が最も多く3702人だったと発表した。

 厚労省が5月29日時点で各地の労働局やハローワークに相談をした事業所から集計。全体の人数は1万6723人で、前週よりも4811人増えた。

 宿泊業に次いで、観光バスやタクシーなど道路旅客運送業が2287人、製造業が2269人、飲食業が2122人、小売業が1135人だった。

 都道府県別では東京都が2495人で最多。大阪府が1789人、北海道が1025人、兵庫県が810人だった。