東京都の小池百合子知事は3日、都が新型コロナウイルスの感染拡大の兆候を警告する「東京アラート」を2日に初めて発令してから一夜明け、夜の繁華街が感染源とみられる陽性者の増加傾向を踏まえ「夜の外出は控えてほしい」と改めて協力を求めた。都庁で報道陣の取材に答えた。

 小池氏は「夜の街では自分の行動履歴を明確にしたがらない人が多い」として、都職員が練り歩いて注意喚起するなどの対策を検討していると説明。事業者に対しては感染対策のガイドラインに沿った事業の推進を要請し、「テレワークを制度や経営方針とする機会になれば」と述べた。