東京地裁判決は、旧優生保護法下の強制不妊手術について「憲法で保護された自由を侵害する」と述べた。