東京地裁判決は、旧優生保護法自体の違憲性については言及しなかった。