ふるさと納税を巡る訴訟の判決で最高裁は、新制度に参加するための要件として総務省が設けたルールを「違法で無効だ」と判断した。