千葉県野田市は2日、市の施設「こうのとりの里」で飼育していた国の特別天然記念物コウノトリの幼鳥3羽のうち、2羽が死んだと発表した。放鳥に向けた準備で捕獲しようとした際、飼育ケージ内の金属製フェンスに衝突したという。

 3羽は「兵庫県立コウノトリの郷公園」(同県豊岡市)から有精卵を譲り受け、別の親鳥が子育てする「托卵」で4月に誕生していた。8日放鳥の予定で、施設スタッフが1日、生態調査のための発信機を取り付けようと捕獲作業をしていた。

 市は死んだ2羽を同公園に送り、解剖で死因を特定し再発防止につなげる考え。残る1羽は安全のため発信機を付けずに放鳥する。