国土交通省は7日、梅雨前線の停滞に伴う記録的な大雨で、熊本県や鹿児島県など12県で計71件の土砂災害を確認したと発表した。午前7時現在、熊本で42件、鹿児島で15件、静岡、宮崎で各3件、茨城、和歌山、岡山、徳島、愛媛、高知、福岡、佐賀で各1件だった。

 また午前4時現在、福岡県添田町の彦山川や佐賀県鹿島市の浜川、長崎県大村市の針尾川など九州6県の8河川で氾濫が確認された。