静岡県吉田町の「レック静岡第二工場」の倉庫が焼け、警察官ら4人の遺体が見つかった火災を受け、家庭用品メーカー「レック」(東京都)は7日、静岡県庁で記者会見した。出火当時、工場で保管していた製品の原料は危険物に該当せず、出火の原因とは想定できないと説明した。

 同社によると、火災が発生した5日午前2時すぎに工場1階部分から爆発音がして、大量の煙が発生したという。

 工場では家庭用洗剤や重曹の袋詰めなどをしており、倉庫で原料や商品を保管していた。休日は作業員は出勤しないことが多いが、4日は午後5時ごろまで作業が行われていた。