8日午前3時半ごろ、東京都千代田区富士見2丁目の路上で、警視庁第5機動隊の男性巡査長(25)が頭から出血して倒れているのを通行人が見つけた。巡査長は病院に搬送され、意識不明の重体。所持していた回転式拳銃に1発発射した形跡があり、側頭部を弾が貫通したとみられる。麹町署は拳銃で自殺を図ったとみて調べている。

 麹町署によると、巡査長は7日朝から8日未明まで、近くにある在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部周辺で警戒に当たっていた。交代の引き継ぎを終え、待機車両に戻る途中に発砲したとみられる。遺書は見つかっていない。