岐阜県は8日、前日夜から降り続いた猛烈な雨の影響で、下呂市や高山市で土砂が崩れて道路が寸断されるなどし、計約1600世帯、計約4千人が孤立状態となった。人的被害は確認されていない。

 下呂市萩原町中呂では飛騨川が氾濫。県によると、両市と美濃市や白川町など計8市町で50世帯以上が床上・床下浸水した。

 高山市などによると、午前8時半ごろ、同市朝日町西洞では民家に土砂が押し寄せ、70〜90代の男女3人が自宅に取り残されたと通報があった。3人は約1時間半後に無事救出された。