九州豪雨で入所者14人が死亡した熊本県球磨村の特別養護老人ホームが作成した避難計画の内容が28日、関係者への取材で分かった。「避難勧告で施設全体の避難誘導」などとしていたが、計画に沿った行動は取られず、被害は防げなかった。