日本列島は5日も広く高気圧に覆われ、午前中から各地で35度以上の猛暑日、30度以上の真夏日となる観測点が相次いだ。今年は梅雨明けが遅れてまだ体が高温に慣れていないため、小まめな水分・塩分補給、エアコンの適切な使用といった熱中症対策が必要だ。

 気象庁によると、午前には群馬県伊勢崎市や福岡県糸島市、大分県日田市で35度を超えたほか、新潟県三条市、岐阜県多治見市、愛知県豊田市、滋賀県東近江市、鳥取市、愛媛県大洲市などで34度を超えた。

 また、北海道は6日にかけて低気圧や前線を含む気圧の谷に入り、暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が安定しない見込み。