東北や北陸では9日にかけて前線や低気圧の影響で大気が不安定な状態が続くため、大雨に警戒が必要だ。気象庁は、土砂災害や浸水、河川の増水、氾濫に備えるよう呼び掛けている。

 気象庁によると、日本海から東北に延びた前線上に低気圧があり、東へ進む。前線や低気圧には暖かく湿った空気が流れ込むため、大気が不安定になる。9日昼すぎにかけて、断続的に激しい雷雨となる可能性がある。

 9日午後6時までの24時間予想雨量はいずれも多い所で東北の日本海側150ミリ、太平洋側120ミリ、新潟県80ミリ、石川県60ミリ、富山県50ミリ、福井県20ミリ。