7日午後1時半ごろ、鹿児島県南種子町の民家で、3人が倒れているのを消防隊員が発見した。

台風10号に備え避難していた河野京子さん(94)が死亡しており、この家に住む親族の60代夫婦が病院に搬送された。

 種子島署によると、雨戸が閉まり施錠された室内から、発電機が止まった状態で見つかり、ガソリンのような臭いがしたという。署は一酸化炭素(CO)中毒の可能性もあるとみている。

 九州電力によると、6〜7日、南種子町内は広範囲で停電していた。3人と連絡が取れないため、別の親族が消防に通報した。