18日の日本列島は広く前線がかかり、日本海側を中心に雨が降る地域があった一方、関東や東海などでは高気圧の縁を回る暖かく湿った風が吹き込み、晴れて気温が上昇した。山梨県南部町は35.0度を観測。全国で最高気温35度以上の猛暑日となった地点が出たのは9日ぶりとなった。

 気象庁によると、茨城県日立市では34.9度を観測したほか、三重県紀北町や水戸市、茨城県北茨城市でも34度台だった。東京都心部は33.4度まで上がり、7日ぶりに30度以上の真夏日となった。

 西日本から北日本の日本海側では前線や低気圧に暖かく湿った空気が流入し、大気の状態が安定しなかった。