台風12号は24〜25日にかけ、東日本から東北に接近する見通しだ。太平洋側を中心に大雨になる恐れがあるとして、気象庁は23日、土砂災害や低地への浸水、河川の増水や氾濫、暴風やうねりを伴った高波への警戒を呼び掛けた。竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要だとしている。

 政府は同日、台風12号の接近に備え首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。小此木八郎防災担当相は関係省庁会議で、避難所の開設・混雑状況を周知するなど避難の円滑化に努めるよう自治体に呼び掛けた。

 台風12号は23日正午現在、八丈島の南南西約230キロを時速約20キロで北東に進んだ。