愛知県警昭和署は、新型コロナウイルスの感染予防に配慮した非接触型の広報活動を、バーチャルユーチューバー(Vチューバー)として活躍するキャラクター「SDGs伝導師ノア」に委嘱し、24日に「広報大使委嘱式」を行った。来年3月まで、交通安全を呼び掛ける動画を県警の公式チャンネルで配信するなど、人と人との接触を避けた広報を展開する。

 委嘱式では声優の小山実彩さん(19)が、体の動きを認識する機器を装着して、スクリーンに映されたノアを操作。杉山定義署長が、スクリーン上でノアに委嘱状を渡した。