29日午後3時20分ごろ、宮城県石巻市の県立石巻北高飯野川校グラウンドに航空自衛隊のUH60J救難ヘリコプターが着陸した。河北署によると、けが人は確認されていない。ヘリは同県東松島市にある松島基地に所属し、同基地は事故を避けるための予防着陸だったと説明している。

 松島基地の松島救難隊員4人が搭乗し、訓練中だった。同基地は、エンジン駆動系に何らかのトラブルが起きた可能性があったとみて調べている。

 飯野川校は昼間定時制で、この日は授業を終えた生徒全員が午後3時までに下校。校内には教職員十数人がいた。下田仁副校長は「生徒がいない時間帯でよかった」と話した。