中日本高速道路は30日、週刊文春の報道で耐震補強の手抜き工事が報じられた橋の施工状況を調査していると明らかにした。橋の一部でコンクリートのひび割れを確認したが、工事内容との関係は不明としている。差し迫った危険はないとして、通行規制は実施しておらず「不適切な工事が行われていた場合は、再施工などの対応をする」と説明している。

 中日本によると、調査は中央自動車道国立府中―八王子に架かる市道・緑橋(東京都日野市)で26日から実施。この橋の耐震補強を福岡県の建設会社に発注し、工事は既に終わっているが、週刊文春は、強度の確保に必要な鉄筋が入っていないと報じた。