28日午前5時35分ごろ、茨城県の鹿島港の港口付近で遊漁船と貨物船が衝突したと第3管区海上保安本部(横浜)に通報があった。鹿島海上保安署などによると、遊漁船「第5不動丸」が転覆し、乗客10人と乗組員2人の計12人全員が海に転落した。いずれも救助されたが、乗客の東京都の男性(46)は搬送先の病院で死亡が確認された。山梨県の男性(61)ら20〜60代の乗客4人は骨折などのけがをして病院で手当てを受けた。他の7人は軽傷。

 海保によると、貨物船は広島市の「はやと」(498トン)で、27日午後に横浜港を出港した。運輸安全委員会は船舶事故調査官3人を派遣した。