野田氏、9条は見解避ける 「自主憲法はミッション」

 自民党総裁選立候補へ意欲を示す野田聖子総務相は22日のBS朝日番組で、総裁選の争点となる見通しの憲法改正について「(自民党が党是とする)自主憲法制定は一部を変えることではない。全てを自らの手で作ることが自民党国会議員のミッション(使命)だ」と強調した。9条改正に関しては、明確な見解を示さなかった。

 来年10月に予定される消費税率10%への引き上げは「賛成している」と明言。アベノミクスに関し「継承というよりは見直しだ。これまでの取り組みには敬意を表す」と語った。出馬に必要な20人の推薦人集めは「見えない形でこつこつとやっていく」と述べた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索