首相、自由公正な貿易主導 金氏に首脳会談呼び掛け

 【ニューヨーク共同】安倍晋三首相は25日夜(日本時間26日午前)、米ニューヨークで国連総会の一般討論演説に臨む。国際社会において自由で公正な貿易を日本が主導する決意を表明。北東アジアの戦後構造を取り除くとして、日ロ平和条約締結や北朝鮮の拉致、核、ミサイル問題の解決にも意欲を示す。金正恩朝鮮労働党委員長に対しては首脳会談を行う用意があると呼び掛ける。

 自由貿易への見解は、中国との貿易摩擦を激化させ、日本には自動車関税引き上げを突き付けるトランプ米政権へのメッセージの意味合いが強い。首相は26日(同27日)の日米首脳会談で、自由貿易の重要性を直接訴える考え。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索