法人税格差是正は東京五輪後に 小池知事が首相に要望

法人税格差是正は東京五輪後に 小池知事が首相に要望

 東京都の小池百合子知事は12日、首相官邸を訪れ、安倍晋三首相と面会した。小池氏によると、大都市への税収集中是正に向け、政府が検討する地方法人課税の見直しについて、2020年東京五輪・パラリンピック後にするよう要望したという。

 面会後、小池氏は「20年大会が終わった後、追加でかかった経費は都に回ってくる可能性が高く、額が読めない」とした上で「都の運営に課題となるので、大会が終わってからの話にしてほしいと訴えた」と述べた。

 地方法人課税の見直しは与党の18年度税制改正大綱に検討事項として盛り込まれ、具体策は19年度改正で決める見通しとなっている。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索