来年度予算、初の100兆円突破 社会保障、防衛費は過去最大

来年度予算、初の100兆円突破 社会保障、防衛費は過去最大

 政府の2019年度予算案の一般会計総額が、当初予算として初めて100兆円を突破することが5日、分かった。ポイント還元経費が5千億円を超えるのをはじめ、19年10月の消費税増税に伴う景気対策の歳出が約2兆円に膨らむのが主因。社会保障費や防衛費は過去最大を更新し続ける。

 大きな増加要因は、2兆円規模の景気対策だ。このうちポイント制度は還元率2%として1千億〜1500億円と見込んでいたが、安倍晋三首相が還元率を5%に高めると表明。追加の手当てを迫られた。

 防衛費は「イージス・アショア」をはじめとする高額装備品の購入で5兆2千億円を突破。7年連続の増額となる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索