中曽根氏、世界平和に熱意 主宰シンクタンクが30周年

中曽根氏、世界平和に熱意 主宰シンクタンクが30周年

 中曽根康弘元首相(100)が主宰するシンクタンク「中曽根康弘世界平和研究所」は11日、東京都内のホテルで設立30周年の記念式典を開いた。中曽根氏は風邪気味だとして出席を見合わせた。長男の弘文元外相があいさつを代読し「より平和で繁栄した日本と、平和な世界の実現に貢献するため、研究所としてさらに努力を続ける」と衰えない熱意を示した。

 式典には安倍晋三首相も駆け付け「中曽根氏の悲願だった憲法改正論議が本格的に始まりかけている。ぜひ支援してほしい」と訴えた。外交に関し「各国のリーダーにかつての外交常識が通用しない中、大変苦労している」とも語った。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索