沖縄・石垣市長、投票「不参加」 表明は4市目、辺野古移設で

 沖縄県石垣市の中山義隆市長は11日、市役所で記者会見し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票への不参加を表明した。「市議会の決定に反し、投票事務を実施することは適切ではないと判断した」と述べた。不参加を表明したのは4市目。

 会見で「(辺野古の)埋め立てにノーという多数意見が出ても、工事は止まらない。意思表示にはなるが、有効性に疑問が残る」とし、(普天間飛行場を抱える)宜野湾市長が反対を決めたことも重いと指摘した。

 会見前に中山氏は謝花喜一郎副知事と面会し、「飛行場の早期返還などの大前提が確認されていない」などと論じた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索