世界遺産、奄美・沖縄推薦決定へ 17日に、20年登録の可否審査

世界遺産、奄美・沖縄推薦決定へ 17日に、20年登録の可否審査

 政府は16日、世界遺産条約の関係省庁連絡会議を17日午後に開くと発表した。自然遺産候補の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)を国連教育科学文化機関(ユネスコ)に再推薦することを正式に決める。2月1日までに推薦書を提出。ユネスコ諮問機関による現地調査を経て、2020年夏の世界遺産委員会で登録の可否が審査される見通しだ。

 日本の世界自然遺産は現在、知床(北海道)、小笠原諸島(東京)など4件。政府は17年に奄美・沖縄を推薦したが、昨年、内容に課題があるとして諮問機関から登録延期を勧告され、いったん取り下げた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索