「平成」文書、保存期限前倒し 延長されれば公開先送り

 内閣府は24日、1989年1月に新元号を「平成」に決めた選定過程を記した政府文書の保存期間の起算日を、2014年4月1日から89年4月1日に変更したと発表した。保存期限(30年間)は44年3月末から19年3月末に前倒しされる。ただ今後の取り扱いは「期限満了までに保存期間の延長も含めて検討する」と説明。延長されれば公開は先送りされる。

 内閣府の酒田元洋総務課長は記者会見で、前倒しの理由について「実態に即していなかった。適正な公文書管理の在り方に沿ったものにすべきだと判断した」と述べた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索