元法相の保岡興治氏が死去 憲法改正論議を主導、79歳

元法相の保岡興治氏が死去 憲法改正論議を主導、79歳

 法相や衆院憲法審査会長などを歴任した元自民党衆院議員の保岡興治(やすおか・おきはる)氏が19日午後6時44分、膵臓がんのため東京都内の病院で死去した。79歳。鹿児島県出身。葬儀・告別式は未定。

 1964年に中央大を卒業後、弁護士などを経て、72年衆院選で初当選。13期務めた。膵臓がんが見つかり、治療に専念するとして2017年衆院選に出馬せず、政界を引退した。

 94年に新進党に参加したが、翌95年に自民党へ復党した。法務行政に精通しており、00年に森内閣、08年に福田内閣で法相として入閣。憲法改正論議にも長く携わり、14年に衆院憲法審査会長に就任した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索