衆院大阪・沖縄補選、投票続く 深夜までに大勢判明

衆院大阪・沖縄補選、投票続く 深夜までに大勢判明

 衆院大阪12区、沖縄3区両補欠選挙の投票は21日午後も続いた。いずれも即日開票され、深夜までに大勢が判明する見通しだ。統一地方選の後半戦となる市区町村長選、市区町村議選も同日投開票(一部は翌日開票)。

 夏の参院選の前哨戦で、安倍晋三首相の今後の政権運営を占う。投票所は大阪12区が94カ所、沖縄3区は109カ所。

 大阪府と沖縄県の選挙管理委員会によると、午後2時現在の投票率は大阪12区22.55%、沖縄3区13.54%で、2017年衆院選の同時刻をそれぞれ0.40ポイント、0.96ポイント下回っている。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索