水戸市長に高橋氏3選 原発再稼働市民意向調査も

水戸市長に高橋氏3選 原発再稼働市民意向調査も

 21日投開票の水戸市長選は、無所属の現職高橋靖氏(53)が、無所属新人の弁護士谷萩陽一氏(62)=共産推薦=を破り、3選を果たした。同市は日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)の再稼働に事前同意権を持つ6市村の一つで、再稼働問題が争点だった。高橋氏は当選を決めた後の同日夜、再稼働問題を巡り「しかるべき時に市民の意向把握のためアンケートなどの調査をしたい」と記者団に述べた。

 同時に従来主張してきた「実効性のある避難計画が策定されず、市民理解がない状況での再稼働は認めない」との考えを改めて語った。水戸市長選は午後7時に投票が締め切ら。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索