「同姓同名」候補、現職だけ当選 千葉・勝浦市、疑問票確認増員

「同姓同名」候補、現職だけ当選 千葉・勝浦市、疑問票確認増員

 立候補者17人に“同姓同名”の現職と新人の計2人が含まれる珍しい事態となっていた千葉県勝浦市議選(定数15)は21日、現職が3選を決め、新人は落選した。2人はいずれも無所属の現職鈴木克已氏(64)と、新人の鈴木克己氏(60)。

 市選挙管理委などによると、現職の鈴木氏も普段は「己」の字を使い、ポスターやビラにはいずれも「鈴木かつみ」と記載。選管は有権者の混同を避けるため、投票所に全候補者の番地を除く自宅住所入りの名簿を掲示。開票作業では疑問票確認に通常の約2倍の10人で当たった。2人は市職員として上司と部下だった時期もあり、退職時の肩書は同じ都市建設課長。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索