虐待再発防止の修正案で大筋合意 与野党、体罰禁止法案

虐待再発防止の修正案で大筋合意 与野党、体罰禁止法案

 親による体罰禁止を明記した児童虐待防止法と児童福祉法の改正案を巡り、自民、公明両党と、対案を提出している立憲民主などの野党は22日、虐待をした保護者に対して、再発防止のための措置を実施するよう努めることを盛り込んだ修正案で大筋合意した。23日にも実務者協議を開き、正式合意を目指す。

 与党は、安倍晋三首相が出席する24日の衆院厚生労働委員会で修正案を採決し、28日にも衆院本会議を通過させる構え。参院審議を経て、今国会で成立する見通しで、来年4月から、「しつけ」名目での体罰禁止が法制化される。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索