野呂田元防衛庁長官が死去 89歳、郵政民営化に反対

野呂田元防衛庁長官が死去 89歳、郵政民営化に反対

 元自民党衆院議員で農相や防衛庁長官を歴任した野呂田芳成(のろた・ほうせい、本名よしなり)氏が23日午後3時23分、ぼうこうがんのため東京都文京区内の病院で死去した。89歳。秋田県能代市出身。葬儀・告別式の日時、場所は未定。喪主は妻黎子(れいこ)さん。

 中央大卒業後、旧建設省に入省。自民党参院議員1期を経て、1983年に衆院議員にくら替えした。連続8回当選。95年に村山改造内閣で農相、98年には小渕内閣で防衛庁長官を務めた。

 2005年の郵政民営化関連法案の採決で反対した。同年衆院選は無所属で当選を果たしたが、自民党を除名された。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索