首相、消費増税解散は考えず 「基本的には」と答弁

首相、消費増税解散は考えず 「基本的には」と答弁

 安倍晋三首相は24日の衆院厚生労働委員会で、消費税増税を見送った場合に衆院を解散するか問われ「基本的には信を問うことは考えていないが、状況によるので一概には答えられない」と述べた。10月に予定される消費税増税については「リーマン・ショック級の出来事が起こらない限り予定に変わりはない」と重ねて強調した。

 首相は増税について「社会保障の充実、財政の健全性などの観点からも引き上げは行わなければならない」と指摘した。国民民主党の玉木雄一郎氏への答弁。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索