イージス、25年以降ずれ込みへ 秋田、山口が配備候補地

 防衛省が秋田、山口両県を配備候補地とする地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の運用開始時期について、これまで目標としてきた2023年度から25年以降にずれ込む見通しとなった。地元の同意が得られるめどが依然立たない上、最新レーダーの開発や試験に時間がかかるためだ。米側の開発の進捗次第では、25年から大幅に遅れる可能性も否定できない。

 最新レーダーは、米ロッキード・マーチン社の「SSR」。政府は4月上旬、米側が本体とSSRを19年度から約5年で製造するとした答弁書を閣議決定した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索