不信任見送り、野党内で異論噴出 立民幹事長、方針修正へ含み

 野党内で18日、立憲民主党が衆院への内閣不信任決議案を提出せず、参院で首相問責決議案を提出する方向で調整に入ったことに異論が噴出した。国民民主党の舟山康江参院国対委員長は記者会見で「出すなら衆院で堂々と(内閣不信任案を)提出するべきだ」と主張した。一方、立民の福山哲郎幹事長は「政治は流動的だ」と述べ、不信任提出見送り方針の修正に含みを残した。

 立民の辻元清美、国民の原口一博、共産党の穀田恵二の各国対委員長による18日の会談では「与党と戦う前に、なぜそんなことを言うのか」と立民の姿勢に疑問を呈する意見が出た。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索