安倍首相、被害状況把握を指示 政府、官邸に対策室設置

安倍首相、被害状況把握を指示 政府、官邸に対策室設置

 安倍晋三首相は18日夜、新潟県で震度6強を観測した地震を受け、被害状況の把握や被災者の救命救助、国民への的確な情報提供を関係府省庁に指示した。19日未明に官邸を出る際「今後、さらなる被害に最大限の警戒を行い、国民に対する的確な情報提供に万全を期す」と記者団に述べた。

 政府は地震発生直後、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置し、被害状況の把握に着手。震度6強の場合に自動招集される関係省局長級の緊急参集チームメンバーが慌ただしく集まった。

 菅義偉官房長官は午後10時40分すぎ、首相も11時10分すぎに官邸へ入った。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索